ペットくすりのQ&A

ペットくすりの素朴な疑問を利用歴5年以上の私が解決します。分かりやすく教えますので、初心者の方はご覧ください。


郊外在住者にとっては便利なサービスです

家族の誰かが病気や怪我をすれば治療をするのが自然な行為であるように、ペット好きにとってはペットは立派な家族の一員と捉える事が出来るでしょう。
ですから、同様に病気や怪我に対する治療を行うのは、当たり前の事と考えるのは当たり前の事なのかも知れません。
時折人間の声を真似するというペットが、テレビのバラエティー番組等で紹介される事がありますが、それは単純に物真似をしているだけですから、病気や怪我をした時の症状を適切に、かつ論理的に状況を説明出来る訳ではありません。
それが出来るのは人間だけですから、結論としては動物病院にペットと共に赴いて、飼い主が医師に怪我や病状等を説明する事になります。
そして、医師は飼い主等の話から診察をして診断を下し、適切な手当をしてくれるでしょう。
一回の治療で済めばそれに越した事はありませんが、もしも数週間に1回とか月に1回、来院して怪我や病気の状況を観察して、医薬品を提供する必要があるという場合になったらどうなるでしょうか。
都内に住んでいるというのであれば特に問題はないでしょうが、交通手段の不便な遠隔地に住んでいる場合は、自動車で動物病院に運ぶ必要があるかも知れません。
また最近は土日でもオープンしている動物病院も増えつつ有るようですが、地理的な場所が遠すぎたりすれは非現実的ですし、全ての動物病院が実施している訳ではないのが現状です。

したがって、サラリーマンであれば会社を1日休む、あるいは半日休む等の対応をするという事で何とか対応出来るかも知れません。
しかし職場の上司に我が家のペットは家族の一員である為、休日申請等をしても許可が出る事は期待出来ないでしょう。
またその為に、直属の上司が余程のペット好きで無い限りは、心証が悪くなる・ボーナスや給与等に差が出てくる等のデメリットを被る、可能性が考えられます。
そこで活用したいのが、ペットの為の医薬品を個人輸入代行という形で入手する事が出来る業者の、ペットくすりを利用する事です。
それでは、ペットくすりでは様々なペットの為の医薬品を販売していますが、ペットくすりではどの様な医薬品を販売しているのかを幾つか紹介しましょう。
蚊が媒介する事で感染させる寄生虫の予防の為の、フィラリア症予防薬を販売しています。

このフィラリア症という病気は放置しておくと犬の心臓や肺動脈等に寄生し、血行を滞らせる事もあるという病気を予防するもので、ペットくすりでは体重が11Kg以下の小型犬用・12kg以上22Kg以下の中型犬用、そして23kg以上45Kg以下の大型犬用にわけて、販売しています。
また45Kg以上の超大型犬に適用する場合には、獣医師に相談し指示を仰いで下さい。
さて、今度は猫の為の医薬品を紹介しましょう。
ノミは猫に感染しやすいので、ノミの駆除とノミの卵の孵化を一定期間、駆除する為に有効な医薬品があり、ノミだけでは無く回虫やミミヒゼンダニの駆除にも効果があります。
以上犬と猫用の医薬品を紹介しましたが、ペットくすりを利用すればパソコンがなくても、携帯電話やスマートフォン等からでも、何時でも都合の良い隙間時間に注文する事が出来るので便利です。
そして後日、自宅まで配送業者が運んでくれるのですから、飼い主も安心出来るでしょう。

Comments are closed.