ペットくすりのQ&A

ペットくすりの素朴な疑問を利用歴5年以上の私が解決します。分かりやすく教えますので、初心者の方はご覧ください。


ペットくすりで安心のジェネリックを購入

ペットという存在は家族同然の非常に大切なものであり、飼い主としてはペットの健康状態は常に気になる問題です。
ただ、その一方でペットが病気になってしまうと診察料や薬代がバカにならないというのも事実です。
今はペット用の健康保険というものも販売されていますが、実際に加入しているという人はそれほど多くないでしょう。
診察料は仕方ないとしても薬代くらいは安く済ませたいという人の中には個人輸入代行業者を利用して海外から安いジェネリック医薬品を購入している人も多く見られるようになりました。

ジェネリックを利用することで国内で流通している薬品と同じ成分のものが場合によっては半額以下の値段で購入することもできます。

たとえば、イヌを飼っている人にとっては必需品とも言える薬にフィラリア予防薬があります。
フィラリアは蚊によって媒介される病気でフィラリアに感染したまま長期間放置してしまうと心臓や血管の中で寄生虫が成長して命にかかわる状態になってしまいます。
そのため、かかりつけの獣医さんから毎月服用する予防薬を処方してもらっているという人も多いでしょう。
しかし、このフィラリア予防薬は病院で処方してもらうと結構値段が高くなってしまうのが困ったところです。
フィラリア予防薬として代表的なものにカルドメックという薬がありますが、中型犬の場合はカルドメック1ヶ月あたりの値段は1200円から1500円くらいが相場になります。
カルドメックは基本的に毎月服用させるので、フィラリアの予防だけで年間1万5千円から2万円かかることになります。
このようなときに便利なのが薬の個人輸入です。

カルドメックにはハートガードプラスというジェネリックがあり、海外では一般的に流通しています。
ジェネリックですから、有効成分の含有量などはカルドメックと全く違いがありません。

もちろん、効能も同じです。
それでいて値段的には6ヶ月分で4000円程度ですから、一ヶ月に換算すれば600円から700円程度ということになり、病院でカルドメックを処方してもらうのと比べるとおよそ半額となります。
数年のスパンでみれば経済的な負担をかなり減らすことができるのが分かるでしょう。
ただし、薬を個人輸入する際には注意しなければならないこともあります。
一番大切なのは信頼できるショップを利用することです。

ペット用医薬品を扱っているショップの中には有効成分の含有量を少なくしていたり、有害な混ぜ物を使ったりして、安い価格で販売している悪徳業者も存在しているからです。
ですから、価格の安さだけでショップを選んでしまうとペットに悪影響を与える可能性さえあるのです。
信頼できるショップならペットくすりがオススメです。

こちらのショップで扱っている医薬品はすべて100%の正規品保証付きとなっているので、偽物を掴まされる心配がなく、安心して利用することができます。
正規品のジェネリックを購入できるのでただでさえ安価に医薬品を購入できることに加えて、3999円以上の買い物では送料も無料となるため、とてもお手軽な価格で医薬品を購入することが可能です。

Comments are closed.